VOICE #55 HELクライム(ヒップホップユニット)

TENGA
VOICE
#55

HELクライム

「血が出るまでオナニーしちゃうくらい気持ちいいTENGAとか作りたい!」

HELクライム
(ヒップホップユニット)

今回のゲストはヒップホップ・ユニット「HELクライム」。地獄をテーマに活動をするメンバー達はそれぞれが別でミュージシャン、俳優、音楽プロデューサーとして活躍する個性派揃い!強面な出立ちながらとってもフランクな皆さんで、メンバー同士の仲の良さが伝わるインタビューとなりました。

「HELクライム」結成のきっかけを教えて下さい。

HEL HEL COOL J「入江悠監督の映画『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』関係仕事で出会いました。メンバーは”HELなおじさん(BIKKE)”を中心に、”黙示☆ROCK(奥野瑛太)”、“HELベロス(板橋駿谷)”、HELニア(上鈴木崇浩)、Dr.奴隷(TAICHI MASTER)とHEL HEL COOL J(上鈴木伯周)の僕の6人なんですが、今日はHELニアがお休みです。」

アットホームな雰囲気ですが、メンバーの皆さんは普段から仲良しなんですか?

HEL HEL COOL J「大学の先輩後輩だったり、家が超近かったり、『SRサイタマノラッパー』シリーズが始まった頃からの付き合いだったり。BIKKEさん(HELなおじさん)なんて、僕にとっては高校生の時からの憧れのTOKYO No.1 SOUL SETのメンバーで、こうして今一緒に活動できているなんて幸せです!」
HELなおじさん「皆で何か面白い事をやりたいねってところからスタートしたんで、レコーディングの時とか集まっても部活っぽい雰囲気ですね。みんな普段はそれぞれ別の活動をしているから、お互いがいい刺激にもなるしね。」

helclimb02

「HELクライム」として目指すところは何ですか?

HELなおじさん「お年寄りから子どもまで、幅広い世代に受け入れて貰えたらいいですね。」
HEL HEL COOL J「子どもって『地獄』とか好きじゃないですか?HELクライムの世界観も、小学生レベルで『地獄ってなんぞや?』を考えた時にイメージされるような、ファンタジーとしての『地獄』なんです。馬鹿だな〜と思いつつ、笑って聴いてくれたら嬉しいかな。虫歯のキャラクターになって『歯を磨かない子は地獄で呪ってやるぞ〜!』とかもやってみたいね。NHKの教育番組とかに出られたら面白そう!」
Dr.奴隷「それは保護者にも喜ばれるね!ヒーローじゃなくてヒール(悪役)の需要ってあるから。」

突然ですが、面白オナニーエピソードを持っている人はいますか?

HEL HEL COOL J「15歳の頃かな。田舎の山奥に住んでいたのと、今みたいにネットも何もなく慢性的にエロのネタが不足していたので、エロ本が落ちている河原へ片道5キロの道のりを友達と自転車を漕いで探しに行ったんです。『あそこの河原にエロ本あるらしいぜ!』って先輩が教えてくれたポイントに行くと、期待通りエロ本が落ちていたんですが、残念な事に人数分なくて、その場でエロ本をバラし皆で分け合ったという思い出があります。」
黙示☆ROCK「いい話だなー。」
HELなおじさん「えっ?これいい話なの?(笑)」
HEL HEL COOL J「あと、双子の兄と同じ部屋だったので、オナニーするタイミングを見つけるのがなかなか難しくて、兄が宿題をやってるときに、二段ベッドの上でコソッと済ませようとしたら見つかった事があります。今思えばそんな危険な場所じゃなくてトイレとかでこっそりやれば良かったのにね。」

誰にも邪魔されることのない空間が理想的ですが、思春期の男子にとって何処でオナニーするかは大問題ですよね。

HELベロス「トイレだからって絶対に安全とは限りませんよ!?自分は全寮制の学校の4人部屋だったんで、オナニーする場所がなくてもっぱらトイレでしてたんです。ある日も個室に籠もって励んでいたら友達が入ってきちゃって『いるんだろー?』なんて言うから、一応返事をしてそのまま片手だけ上下に動かして・・・。ふと視線を感じて見上げたら、上から覗かれてたんですよ!あっちも動揺して『お、お前なにしてんだよ!』って言うから、『どう?俺の手さばき!』と上手い事言ってごまかしました。」

それは甘酸っぱい経験ですね!他に何かオナニーに関する逸話をお持ちの方はいますか?

黙示☆ROCK「僕は大学受験がオナニーで決まりました。」
一同「え?どういうこと!?」
黙示☆ROCK「高校が進学校だったんですが、勉強もせず、進路も決めずに寝食も忘れてひたすらオナニーに励むような高校生で(笑)多分、親も腹が立っていたんでしょうね。進路決定の時期を控えたある日、いつものようにエロ本を脇に置いてオナニーをしていたら、母親がノックもせずに僕の部屋に入ってきたんですよ!」

それでどうなったんですか?

黙示☆ROCK「真正面に椅子を置いてドカッと座って向き合う形になったんですが、僕は出来る限り自分の哀れな部分を隠そうと、腰のあたりにファサッとさりげなくズボンをかけて(笑)そこから約30分間、付箋が貼られた大学案内を見ながら『ここの大学がいいんじゃない?』とか、『ちょっと今からは難しいわね』と進路についてのアドバイスタイムです。(ご両親共に学校の先生)一向に部屋を出て行ってくれる気配がなくって、途方に暮れていたところ、『あんた映画好きだから、こことかどう?』って言葉に対して、とっさに『じゃあ、そこ受けるよ!』と答えた瞬間、僕の進路が決まりました。それが後の母校である日本大学芸術学部です。」

黙示☆ROCKさんは他にも色々なエピソードを持っていそうですね!

HEL HEL COOL J「彼はまさにオナニーの申し子なんです!催眠オナニーの話も聞かせてよ。」
黙示☆ROCK「個室ビデオに行くのが趣味で、それこそ本当にありとあらゆるグッズを使ったことがあるんですが、ある時ネットで『催眠オナニー』の音源を見つけたんです。『これから、貴方をとっても気持ちのいい世界に連れて行きます・・・』っていう導入から始まる音源で、別に女の人がいやらしい声で喘いでいる声を収録しているような物ではなくて、ただ催眠に導入するという。」
HELなおじさん「本当に催眠術なんだ!?」
黙示☆ROCK「冒頭20分間位は『貴方がいちばんリラックスできる格好になってください』とか、『気持ちの良い風景を思い浮かべてください』とか女性のゆっくりした声が続くんですが、『これから何秒後に、貴方はとても気持ちのいい世界に入っていきます』って言われて一緒に数を数えると催眠に導入されるんですね。」
HEL HEL COOL J「物理的に勃起はしてるの?」
黙示☆ROCK「状態としては女性のエクスタシーに近いのかな。勃起も射精もしないんだけど、体がガクガクガクッ!ってなる。それで、やばいやばい!って思っていると、『そろそろ催眠を解きます』って声が聞こえてきて、もう一度数を数えると約40分間の催眠オナニーが終了。」

独自の世界ですね!どんな感覚なんですか?

黙示☆ROCK「全身汗だくで、射精するよりも気持ちいい。下半身的にはどうにもなってないんだけど、つま先までピーンって硬直してんの!」
HELベロス「それじゃあ、本当に女性のオーガズムみたいな感じだ。」
黙示☆ROCK「慣れたらどこでもできるようになって、夜行バスでもやったことがあるんですよ。」
HEL HEL COOL J「オナニーのレベル高いな〜。」
Dr.奴隷「まぁ、別にやらしいこともしてないもんね(笑)」
黙示☆ROCK「そうそう、夜行バスの席で一人『ガクガクガクッ!』って発作みたいな感じで!そして、ここが最大のポイントなんだけど、催眠オナニーの一番気持ちいい瞬間は、20分を過ぎた頃にある、15分間の完全無音の何も言われない『沈黙』のスペースなんですね。」
HELベロス「精神世界だね・・・。」

この中でTENGAを使ったことのある方はいらっしゃいますか?

Dr.奴隷「あります!誕生日プレゼントで先輩からもらって家に帰ってすぐに使いました。今までこういうグッズを使ったことがなかったので、全く新しいジャンルのモノが出てきたなって感じで、オナニーとセックスの中間っていうか。カルチャーショックでしたね!」
HELなおじさん「『何かこいつは違うぞ?』って予感はあったよね。」

HELクライムがTENGAを作るとしたら?

HELなおじさん「『地獄のTENGAシリーズ』とか出したいですね。」
HEL HEL COOL J「血が出るまでオナニーしちゃうくらい気持ちいいTENGAとか作りたい!」
Dr.奴隷「熱湯地獄TENGAはどうでしょう。ヤケドしないぎりぎりラインの熱っついやつ!」
黙示☆ROCK「内側が全部、剣山になっているとかも地獄っぽくない?名づけて、針の山地獄TENGA!刺激が強すぎで誰も挑戦できないの(笑)」
HELベロス「内側は物凄く気持ちいいんだけど、外側が針になっていて持つと痛いTENGAですね。挿れたいのに痛くて持てないっていうジレンマが『HELクライム』っぽくない?」
HEL HEL COOL J「それはまさに地獄だね!」

<最新アルバム>
2014/7/2ファーストアルバム「地獄」
61+USLmByoL
「地獄」収録 「地獄病棟24時 feat.ナマコプリ」

※ナマコプリのTENGA VOICEはこちら

撮影地:しぶや花魁
東京都渋谷区道玄坂2-22-6

LINEで送る

HELクライム
上段左から: HEL HEL COOLJ/黙示☆ROCK/HELベロス
下段左から:HELなおじさん/Dr.奴隷

HELなおじさん(BIKKE / TOKYO No.1 SOUL SET)、Dr.奴隷(TAICHI MASTER)、黙示☆ROCK(奥野瑛太)、HELベロス(板橋駿谷)、HEL HEL COOL J(上鈴木伯周 / P.O.P)、HELニア(上鈴木崇浩 / P.O.P)からなるヒップホップユニット。2012年、HELなおじさんを中心にメンバーが集結。黙示☆ROCKとHELベロスが出演し、HEL HEL COOL J、HELニアが音楽監修を務めた映画「SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」の入江監督公認ユニットとしてそのキャリアをスタートさせる。以来散発的ながら“地獄”をコンセプトにライブ活動やトラック制作、Ustream番組制作などを展開し、2013年にはアイドルグループ、BELLRING少女ハートの楽曲「ライスとチューニング」のリミックスコンテストに応募。最優秀賞を獲得する。そして2014年7月、1stアルバム「地獄」をリリースした。

PICK UP

VOICE一覧へ戻る