VOICE #18 THE冠(ヘビーメタルアーティスト)

TENGA
VOICE
#18

THE冠

「お客さんから差し入れでTENGAもらった時も「おまえナメてんのか!」って言いながらも心の中で「よしっ!」って思いますね。」

THE冠
(ヘビーメタルアーティスト)

今回のTENGA VOICEは、最近ではテレビでもお馴染み、劇団☆新感線の俳優としても活躍する極上ヘビーメタルアーティスト、THE冠さんが登場!ご自身もTENGAファンだった事もあり、THE冠流マニアックな使用方法まで飛び出し、TENGAに対するリスペクトが存分に込められたインタビューになりました。

初めてTENGAとの出会いはいつですか?

「最初の出会いは3年前の劇団☆新感線の舞台の時ですね。古田新太さんが持ってきて、「これに指つっこんでみろ」って言われて。こんなモノがあるんだ!と衝撃的でしたね。大阪公演なんて3週間くらい男だけでいるんで、古田さんが大部屋の楽屋にTENGAがいっぱい入った袋を持って来て、「おい! モテない野郎ども!」ってブワーッとばらまくんですよ! 楽屋の役者たちは「うわーっ!」って取り合いですね。その姿を見ながら古田さんが「これはな、そこらのオナカップとはわけが違う…」と、TENGAのうんちくを語るわけですよ。それが出会いですね。それから自分のブログとかTWITTERでTENGAのことを話題に出していたら、ある日お客さんからTENGAの差し入れをいただきました(笑)。」

音楽関係者でもTENGA友達はいらっしゃいますか?

「以前音楽イベントで一緒になったマキシマム ザ ホルモンの亮君は、「どうぞ、お好きなの持って行ってください!」って楽屋にたくさんTENGAを並べてましたね(笑)。ミュージシャンにも芸人さんにも役者さんにもスゴく浸透してるんだなあって実感しましたね。」

お気に入りのTENGAはどれですか?

「そうですね〜。あの首が動くやつありますよね? ローリングヘッド! あれはもう自分次第みたいな感じで(笑)。なんとかTENGAを見ないようにして、リアルな想像しながらするのがいいですね。後、この空気穴ですよね! これが素晴らしいですよね。「よくぞ思いついてくれました!」って思いますよ。 それとこのフォルムも美しい。持ち歩いても恥ずかしくないし。先日の話ですが、古田さんが「TENGAウォーマーって知ってるか?」と。これに差して置いておくと人肌の温度に暖かくなるという。それを地方公演の間、みんな順番にホテルに持ち帰って使うわけですよ。あれはヤバいです。」

カップ以外もご存知ですか?

「(EGGを見ながら)へえ〜。内側がこんなになってるんですね! 近未来ですね、もう。これアルバムジャケットにしてもいいですか(笑)!? 美しいですね〜。(FLIP-LITEを見ながら)外見のデザインもすごいですね。アップルの新作みたいですもんね(笑)。i なんとかみたいな。」

そうですね。TENGAは見た目の美しさだけじゃなくて、やっぱり機能とデザインの融合があってのモノなので。

「普段のオナニーと違って、TENGA使うと自分の想像力もかき立てられますからね。もしオナニーが恥ずかしいなんて思ってる男がいたら、アホちゃうんかって思いますね。女性の方にも知っていただきたい。男はみんなオナニーが好きなんだってことを。好きな男にプレゼントするくらいじゃないと! 僕もお客さんから差し入れでTENGAもらった時も「おまえナメてんのか!」って言いながらも心の中で「よしっ!」って思いますね。ツアー中なんて、特に(笑)。」

そんなツアーが始まるということなんですけれども、どんなツアーになりそうですか?

「久々に単独ワンマンツアーなので、体力勝負なところはありますね。ただ今まで以上に激しくやりたいなと思ってます! しばらく音源出してなかったので、新曲楽しみにしていてくださいね。汗かいて笑って楽しんで行ってください。」

では、最後に冠さんなりのTENGA論を教えてください。

「僕はヘヴィメタルは「侍」だと思ってるんです。別に理解されなくても突き進む姿勢が重要なんです。やっぱり「侍」だったら、宮本武蔵に憧れますよね?  だから、僕はTENGAの二本使い! 二刀流です! 3Pを味わえ!! みたいな(笑)。それも違う種類のTENGAをたくさん開けておいて、次々と!  USだったら「お?! アメリカ人か?」とか。そんなリッチな使い方してみたいです(笑)。」

ありがとうございました!

LINEで送る

THE冠
姓は冠 名は徹弥、生まれ年は言えぬが生まれ月は9月7日。
血液型:B型の京都府宇治出身。

2003年4月So What!?解散後、冠徹弥自身のバンドTHE冠としてソロ活動開始。
2005年には1st ミニアルバム『冠祭』リリース。
劇団☆新感線 舞台『メタルマクベス』王専属シンガー冠くん役で出演。翌年2007年には新感線BAND「SKOMB」に参加。
2008年日本中をヘビーメタルの嵐に巻き込んだ映画『デトロイト・メタル・シティ』サウンドトラックに参加。メインテーマ「SATSUGAI」他を叫唱。
その後、自身2枚目となる『傷だらけのへビーメタル』を2009年3月18日リリース。その後、各イベントへ出演し多くのオーディエンスそしてSTAFF達をアホにさせてきた。
2010年は劇団☆新感線2010興行 新感線☆RX『薔薇とサムライ〜GoemonRockにカンテ役で出演。
同年10月27日にサードアルバム『最後のヘビーメタル』リリース。
各方面から爆笑と哀れみを込められ絶賛される。
2011年、2ヶ月連続DVDリリース。
4月27日に渋谷BOXXのSOLDOUTワンマン公演を収録したLIVE DVD。
5月25日にミュージッククリップ集DVDをリリースする。
音楽だけにとどまらずメタルアクターそしてCMナレーターとしても活躍している。

PICK UP

VOICE一覧へ戻る