VOICE #24 内野 洋平(BMXライダー)

TENGA
VOICE
#24

内野 洋平

「会場行って、お土産のTENGAを渡しにみんなのところに行ったんです。
「あ〜!気が利くね〜!」みたいにけっこう言われましたね(笑)。」

内野 洋平
(BMXライダー)

今回のTENGA VOICEは、日本、いや世界を代表するトップBMXライダーの内野洋平さん(Ucchie)が登場!世界中をツアーする彼ならではのエピソードが盛りだくさんでした。今後の活躍に大期待&要注目です!

まずは今期いきなりの優勝(世界チャンピオン)おめでとうございます!

「ありがとうございます。」

TENGAとの出会いから教えていただけますか?

「初めて見たのは4、5年前のドンキホーテですね……。デートがてら彼女とドンキの中をグルグル回ってて、そのときアダルトコーナーにも行ったんです。特に買う目的もなく、アダルトグッズって商品名とか面白いなぁ〜って見てたんですね。その中にTENGAがあったのが初めての出会いですね。他のグッズと違って、やらしくないというか、「こんなオシャレなのもあるんやぁ〜」って感じで……でも、その時はもっとエグイ、変なネーミングのヤツを見て笑ったりしてたんで(笑)、その時の僕らのテンションとは違ったんですが……。」

それから何がきっかけで使うことになったんですか?

「東京のBMXライダーにテンガっていうあだ名のヤツがいたんですね。そいつに何でテンガなの?って聞いたら、「TENGAで働いているから」って言われて、そいつが何かある度にTENGAを持ってきたんですね。そんな流れで誕生会でそいつがTENGAプレゼントしてくれて、その時に貰ったのがタマゴ型のEGGだったんです。」

初めて使ってみた感想は?

「初めは使い方がわからなかったんですね。でも説明書とか見ずに、とりあえず中にローション入れて使ってみたんですけど、ローションが下に垂れてビチャビチャになっちゃったんです(笑)。」

それは使い方間違えてませんか?(笑)

「酔ってたんで記憶が曖昧なんですが……そうだったんですかねぇ……。そんでソファーが大変なことになって、彼女が帰ってくる前に綺麗にしなきゃ!みたいな……。初TENGAはそんな感じでした。」

周りのBMXライダーの人もみんなTENGAを知ってるんですか?

「そうですね。テンガってあだ名のライダーは、大会に “TENGA” って名前でエントリーしてましたし、だから逆にそいつの本名知ってるヤツいないです(笑)。あと、一緒に世界大会に行くような後輩がいて、そいつがTENGAにドはまりしてて、TENGAに出会って人生変わりましたって言うくらいですし……。去年はニューヨークの友達がやっているChari&CoっていうNYで一番オシャレな自転車屋が、TENGAとコラボレーションしたりして……。」

だんだん身近になってきた感じですね。

「それで今年は縁あってスポンサー契約をしていただきまして……この間の大会に行くときはTENGA社にお邪魔して、お土産としてロゴステッカーとかTENGA製品を持っていったんです。外人はTENGAみたいなグッズに対してどう思うのかな?と思って、とにかくたくさん持っていきました。アメリカでワールドサーキットっていう年に3回ある世界大会の第一戦だったんですけど、会場行ってすぐ、ウォーミングアップして、お土産のTENGAを渡しにみんなのところに行ったんです。最初「何これ?」って感じだったんですけど、「ニューアダルトコンセプト」「ディープスロートカップ」って書いてあるのを見て、「あ〜!気が利くね〜!」みたいにけっこう言われましたね(笑)。「ありがとう!」って喜んでくれるヤツもいるし、照れるヤツもいるし、「今夜使うよ」って言ってくれるヤツもいました。」

大人気ですね〜。

「はい!っで、その中にビッキー・ゴメスっていうスペインのライダーがいて、そいつの部屋に遊びに行くと「これは本当に気持ちいいのか?」と興味深々で聞いてきて、そいつは彼女一筋で遠征に行っても浮気とかないから「もしかしたらこれは俺の親友になるかもしれないな!」なんて冗談ぽく言ってたんですね。でもこれは1個しかないから、国に帰ったら部屋に飾っておくって言うんですよ。だから僕が「我慢しないで使えよ!」って言ったら、「いや部屋に飾っとく!」ってやっぱり言うんですよ。で、その後僕が日本に帰ってから、フェイスブックで、「使ってしまった」って報告があったんですよ。どうやら、やっぱり我慢しきれずに大会中に使っちゃったみたいなんですね……「あれはヤバ過ぎる。もっとちょうだい!」だって(笑)。」

2012年、今後の予定は?

「7月からG-SHOCKのコンテストツアーがあって、札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡を周ります。最後に決勝が12月に六本木ヒルズで開催されます。さらに大規模な世界大会が9月8日に京都であります。これは僕らにとって一番大きな大会で4、5年に1回しかないんですよ。僕が現役の内にこの大会が日本で開催されるのはこれが最後かもしれないので、今から気合入ってます! あとは、現在EXILEのツアーにも参加していてパフォーマンスしてます!」

じゃあ今年は大きな1年なんですね。頑張ってください!期待しています。

LINEで送る

内野 洋平
Ucchie(ウッチー)の愛称で世界中のBMXライダーから親しまれている、日本を代表するBMXライダー。
兵庫県出身/1982年9月12日生まれ/O型/176.0cm/62.0kg

2008年の世界タイトル獲得以降、通算5度に渡り世界タイトルを獲得している。 数々のトレンドトリックを生み出しいる中、彼の愛称からなづけられたウッチー スピンという トリックは彼の代名詞トリックとして大ブレイクし、多くのライダーが取り入れている。
そんな彼の功績は、2012年アメリカのトランスワールド社が主催する、BMX界のアカデミー賞 「NORA CUP」にて最優秀選手賞を受賞し讃えられた。
名実共に、世界のトップライダーとして活躍する傍ら、2013年、自らが主宰となり世界選手権 「FLAT ARK」を地元で神戸で開催、5000人以上が来場するビックコンテストを企画、同年には 自身のスポンサーでもある世界的スポーツブランド「PUMA」からシグネチャーシューズを出すなど、 常に革新的な話題を生みつづける日本のストリートアイコンでもある。

<主なタイトル>
・BMX WORLD CHAMPION 08
・BMX FLATLAND GRAND WORLD CHAMPION 2012
・BMX FLATLAND GRAND WORLD CHAMPION 2013
・BMX FLATLAND GRAND WORLD CHAMPION 2014

PICK UP

VOICE一覧へ戻る