TOPICS

2018.05.28 月刊TENGA

月刊TENGA Vol.1_3「マスターベーション世界調査」結果発表 〜「マスターベーション」に関する性教育の受講経験、日本は世界最下位〜

<18か国・13,039人に聞いた「マスターベーション世界調査(TENGA Global Self-Pleasure Report)」>

「マスターベーション」に関する性教育の受講経験、日本は世界最下位
10代の頃に「性教育」を習った人の割合、日本は53%で、世界的には中央水準
一方、性教育で「マスターベーション」をトピックスとして習った人は12%で、世界比較で最下位
もっと習うべきトピックス、上位は、1位「性的暴行 および ハラスメント 」2位「STD」3位「性交の同意」4位「セックス」5位「マスターベーション」

株式会社TENGAは、「マスターベーション世界調査(TENGA Global Self-Pleasure Report)」を実施しました。本調査は、ヨーロッパ、北米、南米、アフリカ、アジアの、世界様々な文化圏の18か国を網羅的に対象として実施したもので、18歳から74歳の13,039人にアンケートを行いました。調査対象の18か国の人口を合計すると、世界の総人口の57%にあたります。この規模の人数・国家を対象に行ったグローバル調査は、世界的に見ても初の試みで、TENGAとしても世界を対象とした調査を行うのは今回が初めてです。

日本の性教育受講経験は、世界的には中ほどの水準
世界18カ国を対象に、自身が子どもの頃または十代の頃に学校現場で性教育を受けたことがあるかをきいたところ、日本人男女(n=1,000)の約半数にあたる53%が「受けたことがある」と回答。この結果は、世界的には真ん中にランクインしています。
尚、最も性教育に熱心な国としては台湾(75%)、逆に性教育を習ったという回答の最も少なかった国はロシア(23%)という結果になりました。

04

性教育で「マスターベーション」を習った経験は世界最下位
一方で、上記の質問に加えて「性教育として取り上げられたトピック」をきいたところ、性教育で「マスターベーション」について習ったと回答した人の割合いずれの国も半分以下となり、日本においてはわずか12%という結果になりました。
日本は、性教育自体の実施率が低いロシアと並び、最低水準の結果となっています。

マスターベーション初体験が最も若い日本人が、世界で最も「マスターベーション」を学んでいない
日本人の男女1000人(男性483名、女性517名)のうち、週1以上マスターベーションをすると回答した766名を対象に、自身のマスターベーションの初体験年齢をうかがったところ、男女合わせた全体平均は14.6歳となり、世界18カ国中最も若い年齢でマスターベーションを初体験していることが分かりました。しかし、先述の性教育の授業でマスターベーションを習ったことがある日本人は、わずか12%で世界最下位となっていました。この2つの結果から、日本人のマスターベーション初体験年齢は世界で最も若いにも関わらず、教育現場ではマスターベーションの話はあまりされていない現状がわかりました。

世代別でも性教育トピックスに変化、若いほど「性病(58%)」「マスターベーション(21%)」「性的暴行およびハラスメント(18%)」を習う
日本国内の性教育事情はどうなっているのかを探るべく、性教育内容を男女別、年齢別でも分析しました。
「マスターベーション」に関しては、男性の方が性教育の授業で習う機会が多くなっていますが、それでも5人に1(20%)という割合になっています。女性に関してはわずか7%しかおらず、女性がマスターベーションを習う機会はほとんどない状況にあります。
また、年齢別で見てみると、若い年齢になるほど「性病(58%)」「マスターベーション(21%)」「性的暴行およびハラスメント(18%)」について習った事がある割合が多い傾向にあります。これらの結果から、上記トピックスが年々重視されてきているという傾向を表しているのではないでしょうか

08
09

世界的に「マスターベーション」は性教育で習うべきと回答
学校などでの性教育で「マスターベーション」があまり扱われない現状を踏まえ、「性教育でマスターベーションを習うべきか」との質問をしたところ、6割以上(62%)の日本人は、マスターベーションを性教育で習うべきと回答。
また、他国の結果を見ても、性教育自体の受講経験率の低いロシアを除き、「マスターベーション」のトピックスは取り扱われるべきだと考えている人が、過半数いることが分かりました。

011

012マスターベーションの知識や実態については、生活の場だけでなく、性教育の現場でも知ることが難しいと明らかになりました。不適切なマスターベーションを続けていると、男性の場合不妊の原因につながることもあり、適切な知識の啓発は重要だと我々は考えます。
月刊TENGAは、今回のような多様なリサーチ等を継続し、皆様により意義と価値のある情報を収集·提供していきたいと考えています。


「マスターベーション世界調査」概要
TENGA Global Self-Pleasure Report

日本をはじめとする、世界各国の性やマスターベーション、健康、ウェルネス、セクシャリティ、男性像の実情などを、充分に理解し・ファクトを把握することを目的に TENGAが行った調査です。世界様々な文化圏の18か国から、それぞれ標本サンプルとなる人数を対象にネット調査を実施しました。

本調査は、ヨーロッパ、北米、南米、アフリカ、アジアの、世界様々な文化圏の18か国を網羅的に対象として実施したもので、 18歳から74歳の13,039人にアン ケートを行いました。調査対象の18か国の人口を合計すると、世界の総人口の57%にあたります。

「マスターベーション」について、この規模の人数・国家を対象に行った大規模なグローバル調査は、世界的に見ても初の試みで、TENGAとしても、世界を対象とし た調査を行うのは今回が初めてです。今回の調査では、本稿に掲載したトピックスのほか、様々な結果が明らかとなりました。 詳細なデータをご所望の方は、ぜひお気軽にご連絡ください。

マスターベーション世界調査(TENGA Global Self-Pleasure Report) 月刊TENGA

TENGAによる、性教育に関する過去の活動レポート:

日本福祉大学の講義「思春期のセクシュアリティ」での講演
「ヘルスプロモーションとしてのマスターベーション」というタイトルで、子ども発達学部の学生さんに向け、思春期の心の発達過程や性との付き合い方について講演を行いました。https://tengahealthcare.com/column/247

一般社団法人人間と性教育研究協議会(性教協)主催セミナーへの参加
https://tengahealthcare.com/column/243

若手僧侶の会での講演
中学生に向けて性教育を行う、浄土真宗本願寺派に所属する僧侶·古川潤哉さんの主宰する会で、セクシュアル·マイノリティの講演を行っていました。https://tengahealthcare.com/column/245

日本思春期学会への参加
https://tengahealthcare.com/column/239

●月刊TENGAとは
TENGAの製品やニュースだけでなく、性にまつわる様々な情報を定期的に提供するニュースレターです。
“面白おかしさ”を大切にしつつも、性と真正面から向き合い、真面目に作り続けてきたTENGAだからこそ発信できる、硬軟様々な情報を届けます。様々な文献や歴史、そして人物、市場情報など多様なリサーチと開発を継続し、皆様により意義と価値のある情報を提供できればと考えています。性に関するストレスが少しでも軽減されたり、親しい誰かに相談するきっかけを作ったりと、性の悩みを和らげられる社会づくりへの貢献をめざします。

●本件に関するお問い合わせ先
月刊TENGA 広報事務局 | 株式会社パブリックグッド内(東京都渋谷区渋谷1-17-1 TOC第2ビル)
TEL:03-5774-0980/FAX:03-5774-0981
MAIL : tengapr@publicgood.co.jp
担当:森下・山内・菅原・中尾

月刊TENGA一覧へ戻る

>> プレスリリース詳細はこちら(PDF)

LINEで送る